フランスの造形ブロック KAPLA(カプラ)

カプラで作った恐竜の写真

大人も子どもも夢中になれるカプラの不思議な世界

カプラはフランス生まれの造形ブロックです。
夢のお城や巨大な怪獣。
憧れの乗り物を創りだすのは
木目が美しいシンプルなピース。
イマージネーションを
どこまでもかきたててくれる
カプラの世界にようこそ!

How to play楽しさは無限

カプラで作った怪獣の写真

2歳には2歳、5歳には5歳の楽しさ発見!

2-3歳なら床の上に並べてお絵かきする楽しさ、4-5歳頃からは立体的な造形の面白さ、さらに成長すれば自由な創造の喜びを。

乳幼児から大人まで、年齢に応じた楽しみ方を発見できることも、「カプラ」が世界で愛されている理由の一つです。

高く高く、天までとどけ!

「どこまでも高く積みたい」子どもたちの願いを「カプラ」の高い精度が叶えます。高さ積みに大人も熱中するのが「カプラ」。世界記録はギネスにもなった18m40cm!

まずはお家の天井まで、きっと難なく積めてしまうでしょう。1ピースが軽いから、高く積んで崩れても安心です。

創造力を育てよう

「カプラ」は、長方形の板なのに動物の丸みを表現できる。イメージ通りの形が作れる喜びがあります。

想像を形にするときどこまでも応えてくれる、その道具が「カプラ」です。

吸い付くような摩擦力をもった材質だから、横に伸ばして離れた距離をつないだり、少しずつずらしたり、思いのままの形ができあがります。

パパとも遊ぼう!

子どもは一人で遊びたい時もあれば、大人に遊んでほしい時だってあります。

大人も夢中になれる「カプラ」なら、自分が楽しみながらいっしょに遊べます。

子どもと過ごす家族の時間を豊かに、「カプラ」がお手伝い。

思いっきり崩そう!

きれいな音の「カプラ」は、作るのも、崩すのも楽しめる。そして崩れるときの心地よさに何度でも作りたくなる。

そのきれいな音に秘められている思いとは、『崩れることはうれしいばかりではない。思い通りにできず崩れる、人から壊される、そんな時きれいな音がすれば「もう一度やってみよう」という前向きな気持ちになれる。そのために、美しい音は大切なんだ』 考案者のトムは音にこだわり、美しい音のする材を選びました。

専門家による音響工学の実験で、「カプラ」の音は「木琴に極めて近い」ことが実証されました。そんなにきれいな音だったのですね。

What’s KAPLA1:3:15の魔法

カプラで作った恐竜の写真

パーツはたった一種類

「カプラ」は、考案者の15年にも及ぶ試作の末に生まれた「究極の一枚」

1ピースの比率が1(厚さ):3(幅):15(長さ)の木片を積み重ねるだけで、どんなものでも作れてしまう。「魔法の板」と呼ばれるゆえんです。

1. かたち

なんでも作れる黄金比率「1:3:15」

三次元の黄金比率と呼ばれる「1:3:15」を使えば、建物の柱、屋根、床、窓、アーチ、階段などすべてを表現できるだけでなく、乗り物や動物まで作れます。

2. 材質

「これでしか作れない」フランス海岸松

1200種以上の世界中の松から選んだ材は、造形に最適な粘性を持ち、かつヤニが出ない唯一の材。厳選した自然素材ならではの五感を刺激する心地よさ。耐久性に優れ、長く使用できます。

3. 精度

どこまでも高く積める高い加工精度

18メートル以上積める精密さ、高い加工精度が子どもたちの「高く積みたい」にどこまでも応え、精緻な造形を可能にします。

「一枚の板の物語」

KAPLAの物語は、オランダ人の骨董商であるトム・ファン・デア・ブリューゲンが自分の城を作りたいと考えたことから始まります。

1960年代の終わりに南フランスを旅している時、彼は古びた廃屋に一目惚れし、夢を実現しようと決心しました。未来の城を可視化するために、トムは積み木やブロックを使って建築模型を作ろうとしましたが、融通の効かない既存のものでは実用に耐えるモデルは作れませんでした。

そこで、彼は自ら模型材料そのものを研究し、石の堅固さとアートワークの精緻さを併せ持ちあらゆるものを作ることができる完璧な比率「厚み1:幅3:長さ15」の板を創り上げたのです。

こうして、「まほうの板」は生まれました。トムはこの板に、オランダ語で「妖精の板」という意味を持つ「KAbouter PLAnkje」にちなんだKAPLAという名前をつけました。

Educational value知育玩具・教材としての価値

「カプラ」は、フランス文部科学省推薦教材としてフランスでは学校教育プログラムに組み入れられている教育教材です。

その教育的価値は日本でも高く評価され、幼稚園、保育園などの幼児教育を初め、小・中・高・大学の教員養成機関を含め多くの教育施設で採用されています。 遊びのなかで集中力、想像力、思考力、コミュニケーション能力などが自然に養われます。

1988年
フランス文科省推薦教材(フランス)
1988年
欧州玩具審議会玩具賞(フランス)
1988年
教育玩具国際コンペ プロフェッショナル部門最優秀賞(カナダ)
1990年
Spiel gut認定(ドイツ)
1992年
子どもの遊具・革新的玩具賞第一位(フランス)
1994年
ペアレンツチョイス・トップトイ認定(カナダ)
1995年
Dr.Toy子どもの想像性を養う玩具ベストテン選定(アメリカ)
1998年
グッドトイ選定(日本)
2012年
キッズデザイン賞 子ども未来デザインクリエイティブ部門(日本)
2016年
Amazon知育学習玩具大賞(日本)他、世界各国の玩具賞受賞

With my child「KAPLAのまほう」

カプラで作ったドラゴンの写真

子どもとKAPLAを
楽しむためのガイドブック

KAPLAブロックの楽しみ方を収録した「KAPLAのまほう」ができました。
こちらは当店か正規販売店からご注文いただいたお客様にだけお届けしている特別なガイドブックです。

大人にも子どもとの遊びを夢中で楽しんでほしい。
そう考え、私たちはこのガイドブックを作りました。
きっかけは、カプラをお買い上げの方から寄せられた声

「子どもが崩してばかり」
「ただ積んでいるだけ」
「もっと楽しみ方を知りたい」

子どもだけではなく大人も、できれば親子で。
夢中になって楽しめるステキな時間をすごしていただきたい。
子どもといっしょに楽しめるよう、絵本に仕立てました。

当店か正規販売店のこちらの「カプラ」といっしょにお届けします。

「KAPLAのまほう」の内容

「KAPLAのまほう」は子どもも読んで楽しい絵本スタイル。
登場するのは、2歳のこうちゃん、5歳のかなちゃん、小学生のたかくん、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、そしてKAPLAがとっても上手な建築家のおじさん!みんなKAPLAに夢中です。

1歳頃はどんなことが楽しいのかな?保育園・幼稚園生になったら?小学生になったらどうだろう? 成長とともにどんどん変化していくKAPLAの遊びと家族の時間がこの一冊に詰まっています。

さらに!どこにも載っていない大人気作品「KAPLA Chateau(KAPLAのお城)」の作り方を掲載!
この「KAPLAのお城」はKAPLAのトレードマークでもある、難しいけれどとても魅力的な作品。ぜひ、子どもと一緒に挑戦してみてください。
きっと、子どもだけでなく、いつしかお父さんお母さんも時間を忘れて夢中になっていることでしょう。

大人も、子どもと一緒に楽しむことができる。それは子どもとの遊びの時間を豊かにする、とても大切な事。

「KAPLAのまほう」はKAPLAの遊び方のガイドブックであるとともに、家族が子どもと一緒に豊かな遊びの時間を過ごすためのガイドブックでもあるのです。

KAPLAの選び方

はじめてのKAPLA®購入「どれを買えばいいの?」にお答えします

続きを読む

Event

News